MENU

解り切った基本的な事だけど気を抜かない!


今回は、就活塾運営スタッフの私が、以前勤めていた会社の採用試験の時のエピソードです。

6年ほど前まで関西の運輸関連会社の開発部門にいました。社内では花形部署のひとつで、近くには大阪大学があり工学部出身のOB、OGも沢山いました。

毎年、何名かは必ず入社していたのですが、その年は一人も採用者がいませんでした。

大学の就職担当の先生から、OBにあたる上司に電話がありました。「今後の為に、不採用になった理由が聞きたい」と。

この上司も面接官の一人でした。上司いわく「一人は待合室の段階で落ちてます。」「また、もう一名は帰りの際にチェックが入ってます。」

それ以外の人たちも、本人の能力とはあまり関係ない事を言われてました。

そんな些細なことでと、思うかもしれませんが、ここぞという何時間かを演出できない=TPOがわからないという判断をされます。

また、面接官も人間で完ぺきではありません。公平を期すように複数人数で評価基準を付けて面接をしています。

しかし、上記の件の場合は、最初に待合室で落ちた方の心証がかなり他の方の評価に影響したように感じました。

どの応募者も甲乙付け難い状態で面接に臨みます。些細なことで落とされることだけは無いように気を付けましょう。

就活塾を検索する

キャリアアカデミー

就活塾Twitter

将来をデザインする

  • 失敗しない!就活面接の身だしなみ&マナーとは?

    面接準備できていますか? ほとんどの企業が新入社員、中途社員などを採用する際に取り入れている採用面接。 志望動機や自己PR、長所、学生時代取り組んできたこと・・・希望した企業に入社できるように、なかには他者よりも目立つこ […]

戸川大冊の「就活と法」

  • 入社するには身元保証が必要?

    身元保証書を提出 入社時に「身元保証書」の提出を求める企業が大半です。 これは、企業が労働者を雇って使用する際に,使用者が損害を被る場合に備えて,親戚や知人などに,その損害を補填するように約束させておくものです。売上金の […]

最新の口コミ

Copyright © 就活塾比較ガイド | 就活塾・就職予備校の比較検索サイト