MENU

「先輩の就職活動をみて就職先を決めるのは愚の骨頂」

企業は、2016年卒の学生に対して早めに動くことで学生とコンタクトを取ろうとしています。リクルーター採用やさまざまな手段を使って学生を囲い込みするなど、倫理憲章とは異なった動きをする可能性もあります。

このようなことから、学生も早く動くことはメリットが大きく、遅く動くことは不利にしかならないのです。学生の皆さんにはすぐにでも動き出してほしいと思います。
そして、学生は受け身ではなく、自発的に行動して、自分に合った企業を探してほしいです。

2014/9/20 18:00 産経ニュース

就職活動を行っていない理由として2015年卒の就職活動が大きく影響しているようです。上述したように、就活環境が好転しており、先輩たちが比較的簡単に内定をもらっていると感じていることから、まだ動く必要はないと思っている学生が多いことが理由のようです。

Author Profile

就活塾比較ガイド
就活塾比較ガイド
日本最大の就活塾比較サイトです。就活に関する意識調査や最新ニュースの配信も行っています。就活塾比較ガイドを活用して、自分に合った就活塾を見つけてください。

就活塾を検索する

キャリアアカデミー

就活塾Twitter

将来をデザインする

  • 失敗しない!就活面接の身だしなみ&マナーとは?

    面接準備できていますか? ほとんどの企業が新入社員、中途社員などを採用する際に取り入れている採用面接。 志望動機や自己PR、長所、学生時代取り組んできたこと・・・希望した企業に入社できるように、なかには他者よりも目立つこ […]

戸川大冊の「就活と法」

  • 入社するには身元保証が必要?

    身元保証書を提出 入社時に「身元保証書」の提出を求める企業が大半です。 これは、企業が労働者を雇って使用する際に,使用者が損害を被る場合に備えて,親戚や知人などに,その損害を補填するように約束させておくものです。売上金の […]

最新の口コミ

Copyright © 就活塾比較ガイド | 就活塾・就職予備校の比較検索サイト