MENU

インターンシップは1週間程度、複数社に登録が主流


株式会社ジョブウェブは、2014年度卒大学生、大学院生321名を対象に実施した「インターンシップ振り返りアンケート」結果を発表した。

【14卒調査】「1週間程度のインターンシップ」経験者が急増。14卒では6割弱が参加。【14卒学生 インターンシップ振り返りアンケート結果】7割強が複数社のインターンシップに参加/参加経験者が最も多いのは「1週間程度のインターンシップ」

学生の理想のインターンシップ期間は1週間だそうだ。一週間という短期間では、何が学べるかといった疑問もあるが、少しでも、職場の雰囲気をつかむ、実際に企業で働いている人と接し、敬語やビジネスメールを実際使ってみる、話を聞くといったことはできる。そこで、はっと気づかされたこと、感じたことを書き留めておいて、後で「私のインターンシップ体験談」としての面接ネタにもなる。経験を積むことは、人間を豊かにくれる。インターンシップに参加して会社の魅力にふれたら、就活も本腰を入れて、本気の私で攻めていこう。

就活塾を検索する

キャリアアカデミー

就活塾Twitter

将来をデザインする

  • 失敗しない!就活面接の身だしなみ&マナーとは?

    面接準備できていますか? ほとんどの企業が新入社員、中途社員などを採用する際に取り入れている採用面接。 志望動機や自己PR、長所、学生時代取り組んできたこと・・・希望した企業に入社できるように、なかには他者よりも目立つこ […]

戸川大冊の「就活と法」

  • 入社するには身元保証が必要?

    身元保証書を提出 入社時に「身元保証書」の提出を求める企業が大半です。 これは、企業が労働者を雇って使用する際に,使用者が損害を被る場合に備えて,親戚や知人などに,その損害を補填するように約束させておくものです。売上金の […]

最新の口コミ

Copyright © 就活塾比較ガイド | 就活塾・就職予備校の比較検索サイト