MENU

逆説的ESの書き方【3つのポイントを意識せよ】


ESには全力で

「逆説的就活とは」でその重要性はお伝えしましたが、これがもっとも必要とされるのはESです。

ある有名企業では志望者の9割がESで足切りされてしまうというデータもあります。

たかがESされどES、なめることなく全力で向き合いましょう!

 

さてESでは主に以下が問われています。

1.学生の性格・長所

2.学生の熱意・志望度

3.学生の頭の良さ・能力

学生の性格・長所

1の性格や長所は「逆説的就活とは」で述べたとおりです。

・自身の個性をあらためて把握し言語化する。

・その言葉はできれば一見ネガティブともとらえかねない、かつエッジのきいたものが刺さりやすい。

・一方でその言語化した個性はどういった強みになり、どう仕事に活かされるかを明確に伝える。

を意識して見られるといいと思います。

ちなみに自身の個性とは親や友達からよく言われてきたことを思い出すとヒントになりますが、どうしても難しい場合はネットにある簡易な自己分析ツール等を使ってみるのもヒントの一つになります。参考にしてください。

学生の熱意・志望度

次に2の熱意・志望度ですが、これは皆さん苦労されるところだと思います。社員として働いた経験のない皆さんが行ったことのない会社の志望度を書くわけですから。

もちろんその業界や会社に自身が学生時代に学んだものと直結しているとか、もともと興味のある分野や領域であればそれをそのまま書けばよいと思います。

ただあまり興味ある分野ではないが、「有名名企業だから」や「ちょっと気になったから」という理由で応募する場合に無理やり興味ある風に書くのは避けた方がよいと思います。

たとえES通過したとしても面接でぼろが出てしまう可能性がありますので。。

こういった際は正直に「そんなに興味のある分野ではありませんでしたが、HPみて企業理念や社長、社員の考え方や社風が合うと感じました」や「正直、直感でかっこいい会社というイメージを持ったので応募しました。これから社員の方と話をしたり、会社研究を重ねていったりすることで、より御社を好きになりたいと思っています」

でいいと思います。とってつけた言葉を人事担当はすぐ見抜きます。

学生の頭の良さ・能力

最後に3の頭の良さ・能力ですが、実は逆説的就活を活用できるということが頭の良さの証だと考えます。それは仕事する上で大切な「想像力」「論理力」が備わっていると思われるからです。

誰もが使う言葉ではなく、エッジの効いた言葉とその言葉が意味する能力、そしてその能力をどう仕事に活かせるのかをしっかり説明できる力は人事担当の目に留まるはずです。

是非参考にしてください。

Author Profile

大垣 憲之
大垣 憲之
最大手人材会社にて経営企画部長、事業企画部長、執行役員を歴任。
その後大手不動産企業にて取締役管理本部長、東証一部上場企業にて取締役人事部長等を経て、現在は経営及び人事全般のコンサルティングに従事。

就活塾を検索する

キャリアアカデミー

就活塾Twitter

将来をデザインする

  • 失敗しない!就活面接の身だしなみ&マナーとは?

    面接準備できていますか? ほとんどの企業が新入社員、中途社員などを採用する際に取り入れている採用面接。 志望動機や自己PR、長所、学生時代取り組んできたこと・・・希望した企業に入社できるように、なかには他者よりも目立つこ […]

戸川大冊の「就活と法」

  • 入社するには身元保証が必要?

    身元保証書を提出 入社時に「身元保証書」の提出を求める企業が大半です。 これは、企業が労働者を雇って使用する際に,使用者が損害を被る場合に備えて,親戚や知人などに,その損害を補填するように約束させておくものです。売上金の […]

最新の口コミ

Copyright © 就活塾比較ガイド | 就活塾・就職予備校の比較検索サイト