MENU

自他共に認める【デキる社会人】に必要スキル「考え抜く力」


社会人基礎力

2週目の今回は、社会人基礎力の2つ目の能力の「考え抜く力」を紹介します。
考え抜く力(シンキング)は、3つの要素からなっています。
課題発見力、計画力、創造力、この3つの要素を養うことで社会人基礎力の考え抜く力のスキルアップが可能です。
ここからは、能力と各要素を説明していきます。

考え抜く力(シンキング)

考え抜く力とは、「疑問を持ち、考え抜く力」とされています。
課題に対して、自分なりに考えを出すこと、トラブルが発生した場合など対策案などを練ることも考え抜く力です。
しかし、日本人はこの「考える」という行為が苦手と言われています。
日本教育は、物事には必ず正解がある(答えは一つ)という「正解主義」で捉えることが多いようで、諸外国と比較すると、日本人は柔軟性やこの考えるという力が甘いようです。
「答えは無限に存在する、方法は何通りでもある」
こういった考え、考え抜く力を開花させ、実行に移すことができれば、他よりも先を行くことができると言えるでしょう。
では、考え抜く力を構成する大切な3つの要素を一つずつ見ていきます。

課題発見力

現状を分析し、目的や課題を明らかにする力のことを「課題発見力」とされています。
この要素を高めるには・・・
 ・普段から目標や課題(集客アップや経費削減など)を見つけることが大切です
 ・問題や疑問が発生したら、即時原因を究明&解決するよう努める
 ・業務完了後、今回の振り返りを行い、なぜ成功・失敗したのか自分なりにフィードバックをする

 以上のことを普段から留意し、常に考える癖付けをすると良いでしょう。

計画力

課題の解決に向けたプロセスを明らかにし、準備する力のことを「計画力」とされています。
 この要素を高めるには・・・
 ・目標や課題を達成するための過程をしっかりと作成する
 ・優先順位を明確にしておく
 ・無理をせず、確実にこなすことができる予定を立てる太文字

しっかりと計画を練ることで、成功への近道にもなりますし、万が一失敗やトラブルが起きた場合でもどこを改善すればよかったのかが一目瞭然となります。

創造力

新しい価値を生み出すことを「創造力」とされています。
仕事をするうえで、アイディアやイメージは大切です。
この要素を高めるには・・・
 ・ラテラルシンキングで物事を捉える
→さまざまな角度から物事を見ることで、新しい考えを生むことができます
 ・普段からアンテナを張り巡らせる
→些細なことに目を配る、苦手分野を特に意識をすると良いでしょう
 ・気になったものは、書きとめるようにする
→記録するクセをつけることでアイディア手帳となり、アイディアも生まれやすくなります
この要素に関しては、得手不得手があるかとは思いますが、常に考えることでだんだんといろんな角度から物事を捉えられるようになるでしょう。

まとめ

この「考え抜く力」の能力を伸ばすには、自己研鑽が欠かせません。
考えることを止めた時点で、キャリアアップへの道は遠くなってしまうかもしれません。
自分自身の将来の計画を立て、課題を発見し、創造し、着実に目標(理想)に邁進していきましょう。
そうすることで、自分が思っていた以上の結果が得られ、自信もつき、常にポジティブな気持ちで仕事に打ち込めることと思います。

自他共に認める【デキる社会人】に必要スキル「前に踏み出す力」


前回の振り返り・・・

今回は、前回紹介した「社会人基礎力」を能力ごとに分けて説明していきます。
経済産業省で「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として提唱されている社会人基礎力ですが、内容を知っているだけでも、今後の自分の言動や周囲との関わり方に違いが出るはずと前回お話しさせていただきました。
前に踏み出す力、考え抜く力、チームワークこの3つの能力の、「前に踏み出す力」について今回は進めていきます。

前に踏み出す力(アクション)

前に踏み出す力とは、「一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力」とされています。
前回も触れましたが、企業が最近の学生に対して不足していると考える能力は・・・
主体性やコミュニケーション能力、粘り強さなどの人間性(内面的)と判断する企業が大半だという結果が出ているとお伝えしました。
学力(頭の賢さ)ではなく、人間的な部分を企業は見ています。
座学だけでは、学べない部分を今回はお話ししていきます。
前に踏み出す力(アクション)の能力は3つの要素に分かれています。
主体性、働きかけ力、実行力の3つです。
ここからは、この3つの要素を説明、そしてスキルアップ方法を説明しましょう。

主体性を磨く

主体性とは、自ら課題を見つけ、何か問題が発生した場合、原因究明、解決策を考察することです。
この主体性がしっかりと身についている人は、今後自ら伸びていくことが可能です。
逆に、主体性がない人は、この先ずっと指示待ち人間です。
最近では、任せた仕事はしっかりやるけれど、それ以上を求める社員が少ないと嘆く企業も多いという話もよく耳にします。
そんな評価を受けないためにも、主体性を磨いていきましょう。
まずは、自分で行動計画を立ててみましょう。それに則って行動し、遂行します。
途中問題が発生した場合、すぐに上司に判断を仰ぐのではなく原因や解決策を先に自分なりに考え、準備したうえで、上司に指示を仰ぎましょう。
そして、失敗を恐れず、取り組むことです。上司は、あなたのチャレンジに期待をしています。

働きかけ力を向上させる

働きかけ力とは、1人で達成するには困難な目標も、周囲の人たちに働きかけ、協力をしてもらい、目標実現ために邁進する能力です。 
もちろん1人でできる仕事に関しては、責任をもって1人で取り掛かるべきですが、どうしても1人では成し遂げることのできない仕事はあります。
その際に、どのように対処するか、その状況を打破していくのかが重要です。
1人ではどう考えてもこなせない仕事量を抱えて、〆切日を伸ばしてもらうよう交渉するのか、はたまた周囲に助けを求めてみんなで協力して、効率よく仕事を終えることができるか・・・
働きかけ力とは、後者です。
ただ、周りの人に助けや協力を依頼する場合、注意しなければいけない点がいくつかあります。
・相手の立場や状況を確認したうえで、話(相談)をする
・ただただお願いするのではなく、自分が置かれている状況をしっかりと説明して、協力を仰ぐ
・協力をしてもらった方には、しっかりと感謝の気持ちを伝える
以上のことは、最低限守りましょう。
また、前もってよりよい人間関係を幅広く構築しておくことも働きかけ力の1つです。

実行力を鍛える

実行力とは、目的・目標に合わせて、スケジュールを立て、計画通りに実際に行動に移すことです。
無理なく、目的・目標を達成できるよう、手順や方法をしっかりと考え、計画し行動することを肝としています。
そして、行動に移す際は、優先順位を考え行動し、目標達成に向けて粘り強く取り組んでください。
そうすれば、自ずと実行力を養うことができます。

まとめ

前に踏み出す力(アクション)について説明してきましたが、3つの要素に関して共通点があります。
それは、普段の生活から意識して行えば、自然と身につく能力だということです。
1日の過ごし方の行動計画を作成して、それに則り生活してみる・・・なんてこともできますよね。
普段の生活こそイレギュラーなことばかりが起きるので、それをどう乗り切って対応していくのか、どのタイミングで予定通りに立て直すかなど考えることは山ほどあります。
入社前から癖づけしておくとこが、デキる社会人への近道かもしれません。

自他共に認める【デキる社会人】に必要スキルとは?


あなたに備わっていますか?

社会人には仕事をしていくために必要な能力があると言われています。
この能力のことを「社会人基礎力」と言い、経済産業省でも「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として2006年より提唱しています。
自分に社会人基礎力があるかどうかチェックしてみてください。

社会人基礎力とは?

先にお伝えしたように、経済産業省で提唱されている「社会人として必要な基礎的な力」です。
必要というと大袈裟かもしれませんが、あるとないとでは将来的に社会人としての差が出てくると思います。
ただただ任された仕事を毎日こなしていく日々と、社会人基礎力を持っている、そしてそれを意識して過ごしていく日々、あなたはどちらの将来選びますか?
知っているだけでも、今後の自分の言動や周囲との関わり方に違いが出るはずです。
ここからは必要な3つの能力、12の要素について説明します。

社会人に必要な3つの能力、12の要素

1、 前に踏み出す力(アクション)
一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力
・主体性
・働きかけ力
・実行力

2、 考え抜く力(シンキング)
疑問を持ち、考え抜く力
・課題発見力
・計画力
・創造力

3、 チームワーク(チームで働く力)
多様な人々とともに、目標に向けて協力する力
・発信力
・傾聴力
・柔軟力
・情況把握力
・規律性
・ストレスコントロール力

経済産業省が平成22年に大手・中小企業約1,200社に対して行った調査で、下記のような結果が出ました。

※自社で活躍している若手人材(ハイパフォーマー)が共通して持っている能力・要素

周囲から期待され、評価されている人材は、語学力やPCスキルなどの能力が優れているのではなく、コミュニケーション能力が高い、人柄が良い、主体性があると評価されている人材でした。
しかし、このような結果も出ています。

※自分に不足していると思う能力要素【日本人学生 青】
学生に不足していると思う能力要素【企業 ピンク】

大学生は、自分に足りないものを語学力や専門知識、簿記などのスキルだと思っている方が大半で、人間性の(内面的)の部分は、既に備わっていると思っている学生が多いようです。
しかし、企業側からすると学生に足りていないものは、主体性やコミュニケーション能力、粘り強さなどの人間性(内面的)の部分となっています。
自分では、備わっていると思っていても、周囲の(会社からの)評価は違うようです。
このように大学生と企業でギャップが生じており、企業側が学生に足りないと感じている能力・要素は今回お話ししている「社会人基礎力」です。
そして、企業が活躍している若手人材(ハイパフォーマー)だと評価する人材は、社会人基礎力が備わっています。
社会人基礎力を養い、自他ともに認めるデキる社会人を目指しましょう!

出典:経済産業省HP
「社会人基礎力」、「大学生の社会人観の把握と社会人基礎力の認知度向上実証に関する調査

http://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/

最後に・・・

自分には社会人基礎力が既に備わっていると思う方も、これから養っていこうと思った方も、日々の生活の中でも強化・育成できるスキルなので、意識してみてください。
次回より、この社会人基礎力を能力ごとに3週に分けて、詳しく説明・育成方法などお伝えしたいと思います。
スキルアップ&スキル強化をして、自他ともにデキる社会人になりましょう!

就活塾を検索する

キャリアアカデミー

就活ニュース

  • 就活塾の老舗が、全く新しい1Day講座を開設

    就活塾の老舗が、全く新しい1Day講座を開設 「新卒採用基準」の著者が代表を努める「就活コーチ」が「1Dayインターン特別講座」を破格の料金で開始しました。(1日8名・夏季限定!!) 2017年7月17日(海の日)に日経 […]

就活意識調査

戸川大冊の「就活と法」

  • 入社するには身元保証が必要?

    身元保証書を提出 入社時に「身元保証書」の提出を求める企業が大半です。 これは、企業が労働者を雇って使用する際に,使用者が損害を被る場合に備えて,親戚や知人などに,その損害を補填するように約束させておくものです。売上金の […]

元就活アドバイザー・アナウンサーママの「はたらく」を考える

  • 「保活」が先か、「就活」が先か

    早くも夏の陽気 五月晴れを通り越し、多くの都市で真夏日を群馬県館林では21日に35度3分と猛暑日も記録しています。急激な気温の上昇に身体が取り残されているような気もしますが、汗を流しながら妊娠中の友人に会ってきました。何 […]

最新の口コミ

就活塾Twitter

Copyright © 就活塾比較ガイド | 就活塾・就職予備校の比較検索サイト