MENU

二十歳までに考えておきたいこと


2016年最後の月が始まりました。皆さんにとってどんな1年だったでしょうか?

私は初めての妊娠、出産、子育てと若葉マークの1年でした。三十路過ぎまで本腰を入れて働いていたので、仕事面で失敗をすることは滅多にありませんが、育児では連敗しています。初めて母子同室になった晩にはオムツが緩かったのか、おしっこで産着を濡らしてしまいました。しかも立て続けに2回。さすがにばつが悪く久々に情けない気持ちになったのが昨日のことのようです。

就活アドバイザー時はマスコミ志望者や短大を含む女子学生を多く担当してきました。女性のキャリア教育はオーダーメイドなだけに現場の担当者を悩ませます。男女雇用機会均等法の施行から30年と女性の社会進出が始まって日も浅く、勤続年数や働き方も多種多様でロールモデルはいくらあっても「帯に短し襷に長し」です。しかし、「出産」は共通の重要なポイントになってきます。

今回「もっと早く産んでおけば良かった」と少なからず思いました。第一子を30歳までに産んでおけば3人目の選択肢もあります。何より、産むよりも「育てる」ことに体力がいると体感したためです。歩き出してから就学までは特に体力勝負とのこと。

おすすめは「二十歳までに出産を含む人生プランを具体的に考えておく」ことです。あくまでも考えておくです。子どもを持ちたいと思っているのか?パートナーは欲しいか?何歳の時に第一子を産み、職場復帰はいつするのか?出来るだけ具体的に。

そうすると雇用形態や職種、企業についても選択しやすくなるでしょう。希望も時間と共に変化します。その上、結婚・出産は一人では出来ませんし縁ものでもあります。ただ仕事に忙殺されてしまうだけでなく、積極的に希望するプランを遂行していく賢さが特に女性には必要かもしれません。

Author Profile

丸山もこ
丸山もこ
都内私大を卒業。就職浪人の末、地方局アナウンサーに。ニュースキャスターだけでなく、企画、撮影、編集とテレビに関する「いろは」を体得する。その後、1都3県の大学で授業や相談業務に従事。好感度の高い立ち居振る舞いを含め、「わかりやすく自分を伝える」面接対策を得意とした。東日本大震災を機にネットメディアに転職し、昼夜問わずお仕事三昧な日々を送っていたが結婚により退社。一児の母。
 

就活塾を検索する

キャリアアカデミー

就活ニュース

  • 就活塾の老舗が、全く新しい1Day講座を開設

    就活塾の老舗が、全く新しい1Day講座を開設 「新卒採用基準」の著者が代表を努める「就活コーチ」が「1Dayインターン特別講座」を破格の料金で開始しました。(1日8名・夏季限定!!) 2017年7月17日(海の日)に日経 […]

就活意識調査

戸川大冊の「就活と法」

  • 入社するには身元保証が必要?

    身元保証書を提出 入社時に「身元保証書」の提出を求める企業が大半です。 これは、企業が労働者を雇って使用する際に,使用者が損害を被る場合に備えて,親戚や知人などに,その損害を補填するように約束させておくものです。売上金の […]

元就活アドバイザー・アナウンサーママの「はたらく」を考える

  • 「保活」が先か、「就活」が先か

    早くも夏の陽気 五月晴れを通り越し、多くの都市で真夏日を群馬県館林では21日に35度3分と猛暑日も記録しています。急激な気温の上昇に身体が取り残されているような気もしますが、汗を流しながら妊娠中の友人に会ってきました。何 […]

最新の口コミ

就活塾Twitter

Copyright © 就活塾比較ガイド | 就活塾・就職予備校の比較検索サイト