MENU

第39回 グループディスカッション2


 今回も話題はGDだ。企業はGDを行う傾向は意外と高い。それは、実際の仕事での会議(ミーティング)に似ているため、働くイメージがわきやすいからだ。

 GDは何人で行うものなのか?一般的には、最低4人から多いところで10人の間で行われる。そして、何人の学生が通過するのか?およそ半分くらいと考えられている。参加者が4人であれば、2人は通過する。それは、GDが初期の選考で採用されることと、ディスカッションのため1人だけ通過するというのはなかなか考えにくい性質があるからだ。

 ディスカッションは会話であるため、決して1人ではできない。最低2人は、いないと話し合いはできない。そのため、採用担当者の頭の中には「この2人がいなければディスカッションとして成立しなかった」と判断する。だから、自分のグループに発言力が強い人がいれば、協力してテーマにむけて解決していけばよい。何もそのグループの中での1位でなくてもよいのだ。あくまでもチームでの成功を最優先してほしい。

Author Profile

亜川 ヒロ
2003年3月都内の私立大学経済学部卒業。
都内の某百貨店に勤務。
その後、都内の大学で就職活動を支援。
現在、就活塾の現役講師。執筆活動も行う。
エントリーシート対策、面接対策、ビジネスマナー専門。

著者プロフィール

就活コンサル:亜川ヒロ

2003年3月都内の私立大学経済学部卒業。 都内の某百貨店に勤務。 その後、都内の大学で就職活動を支援。 現在、就活塾の現役講師。執筆活動も行う。 エントリーシート対策、面接対策、ビジネスマナー専門。

就活塾を検索する

キャリアアカデミー

就活塾Twitter

将来をデザインする

  • 失敗しない!就活面接の身だしなみ&マナーとは?

    面接準備できていますか? ほとんどの企業が新入社員、中途社員などを採用する際に取り入れている採用面接。 志望動機や自己PR、長所、学生時代取り組んできたこと・・・希望した企業に入社できるように、なかには他者よりも目立つこ […]

戸川大冊の「就活と法」

  • 入社するには身元保証が必要?

    身元保証書を提出 入社時に「身元保証書」の提出を求める企業が大半です。 これは、企業が労働者を雇って使用する際に,使用者が損害を被る場合に備えて,親戚や知人などに,その損害を補填するように約束させておくものです。売上金の […]

最新の口コミ

Copyright © 就活塾比較ガイド | 就活塾・就職予備校の比較検索サイト