MENU

第7回 就活にミラクルはある?


 就活には色々な噂がつきない。そんな噂の代表格にあるのは、毎年必ず一度は聞く、武勇伝がある。「面接官の前で一発芸をやったら内定がもらえた」「面接が免除になった」「大学2年生の内に内定を取った」などの様々な武勇伝を聞く。しかし、あくまでも噂にすぎず、「実際にはそのようなことが本当なのか」と、私も学生の時には疑っていた。ただ、あることをきっかけに考え方が変わった。それは、私の弟の就活のことだ。

 私の弟は、大学3年生の秋ごろから就活を初めていたごく普通の学生だった。エントリーシートを書いては落ち、面接を受けては落ちの繰り返しであった。ところが、ある会社を受けた時、これまでの苦労がうそのようなことが起こった。弟は、受けた会社の面接官の目に留まり、本来複数回面接を受け、筆記試験を受けるべきところを、免除され1次面接で内定をもらった。しかも、皆さんが良く知っている有名企業だ。当時私はとても信じられなかったのを覚えている。悪くは言えないが弟は決して突出している点はなかったはず。ましてや、有名1流大学の出身でもなければ、一発芸などもしてはいない。むしろ中堅私大に通う普通の学生だ。他の学生との差はなかったはず。しかし、実際には即内定をもらえた。もちろん私の弟は、現在この会社に勤めている。何がポイントであったのか、未だに本人もわからないという。

 語り継がれている、武勇伝のマネをする必要は全くない。しかし、大学受験のように、試験を受け合格ラインに達しないと不合格のような、明確なルールがないのも就活。人事の担当者とあなた自身のフィーリングがあえば内定がもらえる。就活には、ミラクルは存在する。もちろんミラクルを期待して就活を行うとかなり辛いものがある。しかし、大学のブランドのような偏差値の差などない。必ずしも学歴勝負にならない就活は捨てたもんじゃない。自分のやっていることを信じて努力続けてほしい。必ず実を結ぶはずだ。

Author Profile

亜川 ヒロ
2003年3月都内の私立大学経済学部卒業。
都内の某百貨店に勤務。
その後、都内の大学で就職活動を支援。
現在、就活塾の現役講師。執筆活動も行う。
エントリーシート対策、面接対策、ビジネスマナー専門。

著者プロフィール

就活コンサル:亜川ヒロ

2003年3月都内の私立大学経済学部卒業。 都内の某百貨店に勤務。 その後、都内の大学で就職活動を支援。 現在、就活塾の現役講師。執筆活動も行う。 エントリーシート対策、面接対策、ビジネスマナー専門。

就活塾を検索する

キャリアアカデミー

就活塾Twitter

将来をデザインする

  • 失敗しない!就活面接の身だしなみ&マナーとは?

    面接準備できていますか? ほとんどの企業が新入社員、中途社員などを採用する際に取り入れている採用面接。 志望動機や自己PR、長所、学生時代取り組んできたこと・・・希望した企業に入社できるように、なかには他者よりも目立つこ […]

戸川大冊の「就活と法」

  • 入社するには身元保証が必要?

    身元保証書を提出 入社時に「身元保証書」の提出を求める企業が大半です。 これは、企業が労働者を雇って使用する際に,使用者が損害を被る場合に備えて,親戚や知人などに,その損害を補填するように約束させておくものです。売上金の […]

最新の口コミ

Copyright © 就活塾比較ガイド | 就活塾・就職予備校の比較検索サイト